カテゴリ

インフォメーション

Femise Plus+

更年期やPMSが気になり始めたら。
120 capsules

Login to see member price

$80.00

カートに追加

詳細情報

femise plus+

femise plus+≪マ カ≫
15~16世紀のインカ文明では薬草として使われ、伝承医学では基礎体力の維持、疲労回復、滋養強壮、自己治癒力の向上などに役立つとされています。天然の精力剤、女性の生理不順などに役立つ、美容によいなどと言われ注目を集める「マカ」。

femise plus+≪ざくろ≫
ざくろには女性ホルモン「エストロゲン」と同じ構造の物質が含まれており、女性ホルモンの減少で起きる更年期の症状を改善します。又、カリウム、マグネシウムなどのミネラルやアミノ酸、抗ガン作用のあるエラグ酸、血糖降下作用のある酒石酸、その他クエン酸等などが豊富に含まれています。

femise plus+≪イソフラボン≫
女性ホルモン「エストロゲン」に非常に良く似た働きをし、骨粗鬆症やガンの予防、又更年期の不快な症状を軽減するなど優れた機能を持つことがわ かってきました。天然成分なので副作用の心配もありません。

femise plus+≪ブラックコホッシュ≫
アメリカインディアンは昔から更年期障害、PMS(月経前症候群)の治療にブラックコホッシュを愛用していました。ヨーロッパでも古くから女性のために使われています。

femise plus+≪月 見 草≫
月見草にはγリノレイン酸とリノレインが多く含まれ、更年期障害の改善やPMS(月経前症候群)に古くから使われています。



femise plus+

痴呆症や骨密度にも影響
女性ホルモンの中でもエストロゲンは骨からカルシウムが溶け出すのを抑制する作用があり、不足すると骨密度が低下して骨粗鬆症を引き起こす危険があります。又、エストロゲンは老化を防ぐ作用があるため、不足してくるとコラーゲンの生成が減りシワが増え、コレステロール値が上昇するなど深刻な事態なります。これらは、女性が50代になると急激な女性ホルモンの減少によって経験する更年期と同様の症状です。又、最近の研究によるとアルツハイマーと関係の深い神経細胞ニューロンをエストロゲンが保護しているという報告や、男性の脳ではテストステロンからエストロゲンが合成されているなど、脳とエストロゲンの深い関係が世界的に研究対象となってきました。

男性ホルモンと女性ホルモン
子供の頃は、男の子と女の子にそれほど差はありませんが、思春期以降、その差を一気に広げるのが性ホルモンの影響です。男の子はテストステロンと呼ばれる男性ホルモン、女の子はエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンの分泌が盛んになり、外見上もはっきりとした性差を示すようになります。しかし、男性にも女性の約半分の女性ホルモンがあり、女性にも男性の約10分の1の男性ホルモンがあります。最大の違いは、女性の場合は思春期以降も妊娠・出産、更年期と一生を通じて女性ホルモンの

女性ホルモンはどのようにつくられるの?
脳にある視床下部と下垂体が女性ホルモンをコントロールする司令塔です。脳から指令が下がると性腺刺激ホルモンが分泌されます。すると、卵巣が働き、女性ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンが分泌されます。
femise_plus_plus4.jpg


femise_plus_plus3.jpg

 

 

 

 

 

 

2 商品が同カテゴリ内にあります。

Customers who bought this product also bought: